iPhone修理を札幌でお探しの方ならスマップル札幌大通店

札幌大通店 011-215-0707

営業時間 10:00~21:00

札幌大通り駅より徒歩2分で行けるiPhone修理店!最速15分修理!!工賃込み(地域最安値)の安心価格!!!ガラス交換からボタン系修理、水没復旧など修理のことならスマップル札幌大通店に何でもお任せください。

iPhoneがリンゴループした場合はどう対処するべきか

カテゴリ:お役立ち情報

iPhoneの電源を立ち上げた際に、リンゴマークが画面に表示され、ホーム画面に移行します。

しかしリンゴマークから進まなくなる場合が御座います。

「リンゴループ」と呼ばれる症状です。

リンゴループしてしまうには原因が必ず御座います。

今回はリンゴループしてしまった際、どう対処すべきかご紹介致します。

 

リンゴループで代表的なのが、iosを更新中に失敗してリンゴループしてしまうことです。

再度更新をかけ直すことで改善できます。

それでも改善ができない場合は初期化になってしまいます。

 

次に多いのがバッテリーが原因でリンゴループ。

こちらはバッテリーの交換で改善できます。

バッテリーが劣化することで起こり得る現象です。

 

水没によるリンゴループ。

こちらは水没が原因でiosが破損してしまった際に起こります。

iosの更新で改善できることも御座いますが、基盤が破損してしまっていると更新中にエラーが表示されます。

水没以外にも荷重充電によるもので基盤のチップが破損してリンゴループしてしまうこともあります。

基盤修理で改善することができます。

 

リンゴループした際に、パソコンに接続して更新を行うことがあると思いますが、その際に「リカバリーモード」にiPhoneを入れる方法が御座いますが、リカバリーモードにiPhoneを入れてしまうと抜け出すことができなくなります。

更新が成功しない限りはリカバリーモードから出られないので、更新ができない場合は初期化になってしまいます。

リカバリーモードはリスクを背負うことになる作業ではあるので、バックアップを行っていない場合はお気を付け下さい。

 

リンゴループになった際は当店で復旧作業を行っております。

リンゴループになってしまった詳細を教えて頂ければ対応しやすいので助かります。

また修理時間は正直わかりません。

状態によっては数時間お預かりになることも御座います。

 

リンゴループでお困りの方はお気軽にご相談下さいませ!

友だち追加


札幌iPhone即日修理◇スマップル 札幌大通店
〒060-0062
北海道札幌市中央区南2条西3丁目 パレードビル2F
大通駅から徒歩2分!
札幌駅前通り沿い、パルコさんやドン・キホーテさん近く!
石垣造りのビルに当店がございます!
営業時間 朝10時〜夜21時(無休)
電話:011-215-0707
当店HPはコチラから→iPhone修理 札幌大通店
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
~iPhone修理対応機種~
iPhone X
iPhone8Plus,iPhone8
iPhone7Plus,iPhone7
iPhone6sPlus,iPhone6s
iPhone6Plus,iPhone6
iPhone5s,iPhone5c,iPhone5
iPhone4s,iPhone4,iPhoneSE

2018年12月07日

お問い合わせ

スマップルへの修理予約&問い合わせ

 
店舗名 スマップル 札幌大通店
営業時間 10:00~21:00
TEL 011-215-0707
住所 〒060-0062
北海道札幌市中央区南2条西 3丁目13-2パレードビル2F
  • グーグルMAPで見る

  • YouTube動画で見る

お知らせ

料金変更やキャンペーン情報など最新でご報告します。

もっと見る 》

修理ブログ

修理に関する、修理内容などをブログにてご紹介。

もっと見る 》

お役立ち情報

スタッフが調べたiPhoneの豆知識や裏技をご紹介。

もっと見る 》